タイ発祥のエステ:タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージは、2500年以上の歴史を持つタイの伝統的なマッサージの方法です。
仏教とともにタイに伝来してきたと言われ、タイの寺院で受け継がれ発展してきました。

インドのアーユルヴェーダや中国の指圧、整体などの影響を受けつつ、タイで独自のスタイルとなりました 。施術中、インドのヨガに通ずる姿勢をとりながら、施術者によって身体が動かされます。

アクロバティックなストレッチが印象的ですが、その根底には人体のエネルギーライン「SEN」を刺激する考えがあります。 身体への刺激により、血行やリンパの流れをよくして、痛みの緩和や自然治癒力の向上に働きかけます。

タイ古式マッサージは、施術者も施術と受ける側の呼吸を合わせ、息を吐いているタイミングでストレッチが行われます。 仏教の影響を受けていることもあり、無我の境地に近づき静寂の状態になることを目指しています。

呼吸を意識することで副交感神経を働かせ、リラックスした状態になるとされます。

タイ古式マッサージは、フルコースで受けると2時間以上になるそうです。
マッサージを受ける人は仰向けに寝て、施術を受けます。

施術者により手や足の指や耳などを引っ張られることに始まり、指関節をほぐしてから背中を踏まれ、
背中を弓なりに曲げる姿勢を取ったりもします。

施術者によって身体の動きが導かれますが、
アクロバティックな姿勢をとるので運動の要素も入り、ダイエット効果も望めます。

アンチエイジングやリラクゼーション効果もあると言われています。